北欧のカラーリングとデザインが秀逸なHAGLOFS

ホグロフス

ホグロフス

◆ HAGLOFS

「HAGLOFS」(ホグロフス)は、北欧スウェーデンのアウトドアブランドです。北欧のカラーリングとデザインが秀逸となっています。洗練された雰囲気があり、注目のアウトドアブランドとなっています。

◆ バックパック+リュック「HAGLOFS」(ホグロフス)の始まり

1914年に、スウェーデンで誕生しました。創設者ヴィクトル・ホグロフは、パラシュートの素材を用いて自転車用のバックパックを作って、それを森で働く人々に売ったのが始まりでした。1935年、新工場をオープンし、1940年代後半に、品揃えの拡大に伴って、ホグロフスのネーミングをさらに頻繁に行うようになります。創設以来、約90年の間で道具や素材も変化してきましたが、常に「Less more」の思想で「良質なものを可能な限りシンプルに、必要なものを必要な形でつくること」を追求してきました。バックパック+リュックも独自のウェスト・イン・バランス・システムによって、フレームザックに匹敵する安定性を実現してきました。ヴィクトル・ホグロフの機能性のこだわりは、「北欧デザイン」として知られる、機能的で無駄のないデザインを追求する姿勢として引き継がれてきています。

「H」のロゴが有名

◆ バックパック+リュック「HAGLOFS」(ホグロフス)の特徴は?

トレードマークの「H」ロゴで有名なブランドです。その中でも、「CORKER」シリーズは有名です。ホグロフスのバックパック+リュックと言ったからこれを思い浮かべる方も多いです。近未来的なデザインで、ボックスの構造は型崩れがしにくく、機能性も良いです。カラーバリエーションも豊富で、サイズもたくさんあります。値段はサイズによって変わってきますが、約7,000円~15,000円位になります。それから、「TIGHT」シリーズは、ホグロフスのバックパック+リュックの原型といえる定番のものです。チェストストラップとウェストベルトがついているので、バッグが上下左右に揺れるのを防ぎますから、体にフィットするようデザインされています。内側と外側にポケットがあるので、小物も整理できます。値段は約5,000円~15,000円となっており、カラーやサイズも豊富に揃っています。アウトドアだけでなく、タウンユースのリュックとして使えます。「SHOSHO」シリーズは、クラッシックデイバックシリーズの復刻版になっています。値段は約10,000円位になります。カラーが豊富で、サイズは22L 、27L、33Lの3種類になります。このように「HAGLOFS」(ホグロフス)は、全体的にデザインがおしゃれで、作りもしっかりしていて高品質です。都内でもオシャレにコーディネートしてみるのはいかがでしょうか?